人はなぜいがみ合うのか?


 新しい年を迎えてもう20日間も経過した。メディアが明けても暮れてもトランプトランプとアメリカの新大統領のツイートを伝え世界中がそれに一喜一憂し、今日の就任式を迎えた。彼の就任演説を聴いて正直ガッカリした。政治家としての高邁な哲学も世界観も持ち合わせていないのか、世界の指導者としての誇りや自覚も感じられなかった。アメリカの困っている一部の人達に対する選挙演説と言ってもいいような内容であった。ビジネスマンとしては立派な人かもしれないが、(生意気な表現をして恐縮ですが)アメリカという国はこの程度の指導者しか選べないのかと思うと淋しい。
 テレビを観ているとトランプ氏がツイートする度に「トランプ政権になったら日本はどうなる」と煽っているのも不愉快だ。日本は日本としてオドオドせずに国益に沿って歩んで行けばいいことだ。もちろん、同盟国アメリカとの緊密な関係を維持しつつ言うべきことをきちんと言えばいい。
 私は最近初孫誕生というプレゼントをいただいた。柔らかな肌、ちいちゃな手足、泣きじゃくる顔を見ていると本当に「神様からの授かりもの」だなと思う。人間みんな生まれたときは純真無垢こんな宝物なのに、なぜ大きくなったら苦しんだりいがみ合ったり時には自ら命を絶つ人まで出てくるのか、なぜ皆仲良く出来ないのか、なぜ戦争が絶えないのかと考えさせられる。
 日本は戦後70年間どこの国とも戦争をすることなく歩むことが出来た。このこと事態世界では珍しいことだという。だけど、今日の平和は私たちの先祖が血を流しながらこの国を守ってくれたから得られたものであることを忘れてはならない。いま日本をめぐる東アジアの安全保障環境は決して良いとは言えないだけに、安倍さんしっかり舵取りを頼みますよといいたい。